MENU
ツヨシ(溝口 剛)
Tsuyoshi Mizoguchi
1986年生まれ 34歳 札幌在住
8年間会社員として働くも会社員としての生き方が嫌になりフリーランスへ。東京→札幌にUターン移住。現在はガジェット・通信・暮らし・節約情報をブログ・YouTubeで発信しています。

Eono(イオーノ)スピーカースタンドレビュー!オーディオ初心者の僕には十分すぎる。

当ページのリンクには広告(アフィリエイトリンク)が含まれています。
  • URLをコピーしました!

合わせて読みたい

「AmazonブランドのEono(イオーノ)のスピーカースタンド安いから買おうと思っているんだけど、この商品大丈夫か?」と思っていましたか?

ツヨシ

どうも!こんにちはツヨシ(@ 24shi_insta)です!
僕はデスク周りのスピーカースタンドとして使っています!

Eono スピーカースタンドレビューの結論からお話しします。

安定感が高いスタンドではなく、手で揺らすと簡単にグラつくという点は注意点です。

しかし、デザイン・見た目的には満足しているし、配線を隠せるようになっているし、スピーカーもしっかり支えてくれて問題なく使えています。

そして、何より6,999円と他のスピーカースタンドと比較して圧倒的に安いので満足しています。

こちらの記事ではAmazonブランドのEono スピーカースタンドを実際に購入し使ってみて感じた良い点・残念な点を解説していきます。

この記事の内容

1. Eono スピーカースタンドのスペック・外観・サイズ

まずEono スピーカースタンドのスペック・外観、サイズについて解説します。スペックは以下の表にまとめている通りです。

商品概要
製品名Eono スピーカースタンド
価格6,999円
※Amazon調べ
製品サイズ高さ:82〜107cm
パイプ太さ:4.2cm
土台:25×25cm
製品重量約5.9kg
対荷重5kg/本
アジャスター
配線収納
スピーカー取付方法キーホール固定
バーティカル取付け穴固定

1-1. 付属品

まずはEono スピーカースタンドの付属品一覧です。

付属品一覧

  • スタンド用ポール×4本
  • 土台×2個
  • スピーカー固定パーツ×2個
  • 取付けネジ一式

1-2. 外観・デザイン

まずEono スピーカースタンドのデザインは非常にシンプルで良いです。僕はポールが細いスタンドが欲しかったので見た目は満足しています。

また塗装の質感も良く安物感はありません。

スタンド土台は正方形で手で揺らしたりしなければ安定しています。

土台背面にはアジャスターもついているので、多少のガタつきであれば調整可能です。

ポール背面を見ると、高さ固定用のネジがついてて、82〜107cmで高さ調整を行うことも可能です。

またポール内部にスピーカーケーブルが収納できるようになっており、配線も隠せるようになっています。この点がすごく良いです。

そして、スピーカー設置台にはスピーカー背面と固定するパーツを取り付けます。

そして、スピーカーは以下の3つの方法で設置・固定することが可能です。

ちなみに僕は裏面に超強力な剥がせる両面テープでスピーカーとスタンドを固定しています。

価格は安いスタンドなのですが、僕のようなオーディオ初心者には十分過ぎるかなと感じています。

1-3. サイズ感

Eono スピーカースタンドのサイズは、高さが82〜107cmまでで調節可能、パイプ太さは4.2cm、土台は25×25cmの正方形です。

ツヨシ

以上がEono スピーカースタンドのスペック・外観デザイン、サイズ感です。

2. Eono スピーカースタンドのレビュー

次にEono スピーカースタンドを実際に使ってみて感じた良い点・残念な点は以下の通りです。

良い点
残念な点
  1. デザイン・質感は良い
  2. 価格が安い
  3. 5kgまでのスピーカーが設置可能
  4. 配線を隠すことが可能
  5. 高さ調整が可能(82〜107cm)
  1. 手で揺らすと簡単に揺れる。地震対策必須。

2-1. デザイン・質感は良い

Eono スピーカースタンドは価格は安いですが、デザイン・質感共に良いと感じています。

ポールは細めで、マットな仕上がりの塗装なので安物には見えないです。

ツヨシ

ぱっと見5,000〜6,000円のスタンドには見えないと個人的には思います。

2-2. 価格が安い

Eono スピーカースタンドは、Amazonで売られているスタンドの中でも特に価格が安いです。

具体的に類似のスピーカースタンドと価格を比較すると以下の通りです。

スクロールできます
Eonoハヤミ工産キクタニ‎Biuon Ac
6,999円7,636円9,160円21,314円

上記の通り、Eono スピーカースタンドが最も安いです。

なので、コスパ重視するならEono スピーカースタンドはおすすめです!

ツヨシ

さらにAmazonで20%割引クーポン配布している時もあるのでそうなると5,000円台で購入可能です!

2-3. 5kgまでのスピーカーが設置可能

Eono スピーカースタンドのポールは細いですが、5kgまでのスピーカーを設置することが可能です。

実際に僕が設置しているスピーカーはPolk Audio MTX15で重量は4.1kg/個です。

ツヨシ

5kg以内のスピーカーを使っている人にはおすすめです!

2-4. 配線を隠すことが可能

Eono スピーカースタンドは、ポールの中に配線を隠すことができるので見た目がスッキリする点が良いです。

ポールの中に入った配線は、土台の下から出てきます。

ツヨシ

地味なことなんですが、配線が隠せるのはとても良いです!

2-5. 高さ調整が可能(82〜107cm)

Eono スピーカースタンドは、82〜107cmの間で高さ調整を行うことが可能です。

スピーカーは耳の高さに合わせるのが良いと言われているので、スピーカースタンドを使えばデスクで座っている時の耳の位置に簡単に合わせることができます。

ツヨシ

伸縮できるスピーカースタンドは、フレキシブルに高さを変えれるのが良いです!

2-7. 手で揺らすと簡単に揺れる。地震対策必須。

残念だなと感じている点は価格も安いので1つだけです。手で揺らすと簡単に揺れることです。

なので、地震対策は間違いなく必須だと感じました。

普段は手で揺らすこともないので安定しているのですが、もし震度4〜5くらいの地震があったら間違いなくぶっ倒れますね。

ツヨシ

なので、めちゃくちゃ高いスピーカーを地震対策なしに載せるのはリスキーです!

3. Eono スピーカースタンドがおすすめな人の特徴

以上のことからEono スピーカースタンドがおすすめな人の特徴は以下の通りです。

おすすめな人
おすすめしない人
  • オーディオ初心者の方
  • 使ってるスピーカーが5kg以内/個の人
  • スピーカースタンドにお金をかけたくない人
  • 見た目重視の人
  • 重量5kg以上のスピーカーを持っている人
  • 地震にも耐えれる安定感を求める人

5kg以内のスピーカーを使っている人で、スタンドにお金かけたくない人にはとてもおすすめできます。

ツヨシ

また、デスク周りのスピーカースタンドとしても優秀なのでデスク環境を構築している方にもオススメです!

まとめ

今回はEono スピーカースタンドレビューをお話ししました。

注意点は手で揺らすと簡単に揺れるほどの安定感なので、地震対策は必須という点です。

ただし、価格が安く、それでいてスピーカースタンドとしての役割を果たしてくれるし、デザイン・質感共に悪くなくて、配線まで隠せる仕様になっているので僕のようなオーディオ初心者には十分過ぎるスタンドだと感じました!

ぜひ、これからスピーカースタンドの導入を検討している方は参考にしてみてください。

【無料】今なら1ヶ月間0円で、
音楽サブスクが使えるの知ってる?

音楽サブスク使ってみたいけど、以下のように悩んでいませんか?

  • YouTubeで無料で聴けるのに音楽サブスクいるかな?
  • 音楽サブスク、契約してもすぐ聞かなくなるんじゃないかな?
  • 音楽サブスクの魅力がわからないな…

事実、僕もそう思っていました。

しかし、そんな人にこそ音楽サブスクを一度試してもらいたいですよね!

仕事中のBGM、ドライブ中、家族とのリラックスタイムに聞く高音質なBGMは格別!日々の生活がちょっぴり楽しくなります。

Amazon Music Unlimitedは1億曲聞き放題。高音質なハイレゾにも対応してるのが強み!Spotifyはハイレゾに対応いません。

今なら高音質配信かつ1億万曲聞き放題のAmazon Music Unlimitedは1ヶ月間無料(最大1,480円相当を0円)で楽しむことができます!

一度使ってみたい人は今がお得です!

1ヶ月間無料だし、使ってみないと音楽サブスクの魅力はいつまでもわからないままですよ!

\今なら1ヶ月間無料(最大1,480円→0円)/

30日以内に解約すれば料金がかかることはありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1986年生まれ 34歳 札幌在住のツヨシ(溝口剛)です。
8年間会社員として働くも会社員としての生き方が嫌になり、フリーランスブロガー兼YouTuber。スマホ・光回線・ガジェット・クレジットカードなど自分で使ってみて良かったモノを発信しています。

この記事の内容