当ブログ限定の割引クーポン配布中です!

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSレビュー!6,000円でこの音質はすんごい!!

当ページのリンクには広告(アフィリエイトリンク)が含まれています。
  • URLをコピーしました!

合わせて読みたい

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSの音質やつけ心地など使用感が気になっていましたか?

この記事では SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSの使用感について詳しく解説をしていきます。

ツヨシ

どうも!こんにちはツヨシ(@ 24shi_insta)です!
僕は普段はJabra Elite 7Proというイヤホンを愛用しています。

まず初めにSOUNDPEATS Air3 Deluxe HSレビューの結論をまとめると以下の通りです。

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS
総合評価
( 4 )
メリット
  • 価格が安いのに音質がめっちゃ良い!
  • インナーイヤー型で装着感も良い!
  • イヤホン操作で音楽再生に必要な操作が全て完結!
  • ENC通話ノイズキャンセリング機能でオンライン会議にも良い!
  • ゲームモードで遅延を減らせる!
デメリット
  • ケースが艶ありで指紋が目立つ!
  • ワイヤレス充電やマルチポイント非対応!

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSのケースは艶ありで指紋が目立ちます。またワイヤレス充電やマルチポイントといった便利な機能がついていないのがネックではあります。

しかし、価格が安いのに音質はめちゃくちゃ良く、さらにインナーイヤー型で装着感も良いのでオンライン会議などの長時間着用に向いているイヤホンです。

なので、総合的に見て価格と音質、総合的に見てコスパの良いイヤホンなのは間違いないです。

こちらの記事では、SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSを実際に使ってみた感想、良い点・悪い点を詳しく解説していきます。

こちらの記事はメーカー様より商品提供を受けて記事を執筆しています。

この記事の内容

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSのスペック・外観・サイズ

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSのスペックを表にまとめると以下の通りです。

商品概要
製品名SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS
価格7,180円
※Amazon調べ
製品重量ケース+イヤホン:約36g
イヤホン:約4g
最大再生時間イヤホン:5時間
ケース+セット:20時間
充電時間1.5時間
イヤホン操作タッチセンサー
ドライバサイズ14.2mm
BluetoothVer. 5.2
有線接続×
ハイレゾ対応
ノイズキャンセリング×
外部音取り込み×
マイク
マルチペアリング
マルチポイント×
ワイヤレス充電×
着脱による自動再生/停止
片耳使用
専用アプリ
イコライズ
スマートスピーカー連携Apple Siri
対応コーデックAAC,SBC,LDAC
カラー1色
(ブラック)

付属品

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSの付属品一覧は以下の通りです。

付属品一覧

  • SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS
  • 充電ケース
  • USB-Cケーブル
  • 取扱説明書

外観・デザイン

まずSOUNDPEATS Air3 Deluxe HSのケースですが、光沢のある素材が使われています。そのため、指紋や手垢が目立ちやすい。

また中央にはマルチボタン。こちらはスマホなどのデバイスとペアリング時に使います。

背面にはSOUNDPEATSのロゴ。

イヤホン底面にはUSBーC端子が備え付けられています。

蓋を開けるとイヤホンが縦に 収納されています。

イヤホンの形状は、インナーイヤー型。イヤホンの外側には、SOUNDPEATSのロゴがあります。

スティックの先端にはアルミパーツ。

マイクは、2カ所でスティックの先端とロゴの下にある小さい穴です。

スピーカー部分は、以下の写真の通りです。ドライバーは約14ミリのものが採用されています。

そして、装着してみると以下の通りです。

操作方法はタッチセンサー式で、音楽再生に必要な操作はすべてイヤホンで行うことができます。

具体的に操作一覧は以下の通りです。

取扱説明書より抜粋

また、SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSは専用アプリでイコライザなどのカスタマイズも可能です。

ツヨシ

以上がSOUNDPEATS Air3 Deluxe HSの外観・デザインでした!

サイズ感

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSのイヤホンのケースのサイズは、横幅58mm、縦48mm、厚み22mmです。

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSのレビュー

次にSOUNDPEATS Air3 Deluxe HSを実際に使ってみた感想です。良い、残念な点をまとめると以下の通りです。

良い点
残念な点
  1. 価格が安いのに音質がめっちゃ良い!
  2. インナーイヤー型で装着感も良い!
  3. イヤホン操作で音楽再生に必要な操作が全て完結!
  4. ENC通話ノイズキャンセリング機能でオンライン会議にも良い!
  5. ゲームモードで遅延を減らせる!
  1. ケースが艶ありで指紋が目立つ!
  2. ワイヤレス充電やマルチポイント非対応!

価格が安いのに音質がめっちゃ良い!

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSを使ってみて、一番衝撃を受けたのが価格は安いのに音質がめちゃくちゃ良いことです。

僕はJabra Elite 7Proというイヤホンを普段から愛用しているのですが、 約2.4万円のイヤホンに引きを取らないくらい音質がいいです。

中高音はクリアで良い音だし、低音もしっかり効いてるし、音質の良さは1〜2万円台のイヤホンと同等レベルで、7,000円で買えるイヤホンとは思えないです。

約30,000円のアップルAirPods Proと比べても全然負けてません。

なので、SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSの最大の魅力は、価格が安いのに音質が良いコスパ最強のイヤホンという点です。

ツヨシ

僕は過去にSOUNDPEATS Mini Proというモデルもレビューしているんですが、音質が格段に進化してめっちゃ驚きました!

インナーイヤー型で装着感も良い!

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSは「世界初のハイレゾワイヤレス認定のインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン」というのが売りの一つ。

そして、インナーイヤー型は、カナル型と異なり耳を完全に塞がないタイプのイヤホンなので、装着感が良く、特に長時間の着用に向いています。

インナーイヤー型とカナル型の特徴の違いを簡単にまとめると以下の通りです。

インナーイヤー型
カナル型
  • 空間表現能力に強い
  • 蒸れにくい
  • 装着感が良い
  • カナル型より外れやすい
  • 音漏れしやすい
  • 低音が強い
  • 音漏れが少ない
  • 密閉感が強く、装着感の好みが分かれる
  • 蒸れやすい

このようにインナーイヤー型とカナル型にはそれぞれメリットデメリットがありますが、個人的には装着感の良さ、長時間の着用についてはインナーイヤー型が優れていると感じました。

ツヨシ

1〜2時間を超える長時間着用のイヤホンを探しているならSOUNDPEATS Air3 Deluxe HSは非常におすすめです!

イヤホン操作で音楽再生に必要な操作が全て完結!

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSは、タッチセンサーで操作するタイプのイヤホンです。

イヤホン単体の操作で音楽再生に必要な操作が全て完結する点がとても良いと感じました。

ソニーのながら聴きイヤホンLinkBudsは、左右イヤホンに1つずつのアクションしか割り当てることできない仕様で、イヤホンの操作だけで完結することができない商品もあります。

ツヨシ

しかし、SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSは、 イヤホンですべての操作が完結できるため、外出中スマホをわざわざ取り出して操作する必要がないのがとても良いです。

ENC通話ノイズキャンセリング機能でオンライン会議にも良い!

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSには、ENC通話ノイズキャンセリング機能が備わっています。

ENC通話ノイズキャンセリング機能とは?
環境音・騒音などのノイズを除去し、自分の声を中心に拾ってくれる機能。

そのた、通話やオンライン会議などで自分の声をクリアに届けることができます。

具体的にオンライン会議を部屋で行った場合には以下のような騒音が想定されます。

テレワーカーのよくある環境音

  • 家族の話声や足音
  • エアコンの音
  • キーボードやマウスの操作音
ツヨシ

ENCノイズキャンセリング機能を使えば、これらの騒音をカットし、自分の声だけを通話相手にクリアに届けてくれるので、騒がしい場所でも快適に通話やオンライン会議ができる点がいいです。

ゲームモードで遅延を減らせる!

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSには、ゲームモードが搭載されています。

ワイヤレスイヤホンによっては、ゲームや動画を視聴する場合、音声と映像がずれてしまうと言うケースはよくあることです。

ゲームモードとは、Bluetoothの遅延(映像と音の遅延)を解消してくれるモード。

ゲームモードがオススメな人は以下の通りです。

ゲームモードがおすすめな人

  • スピード感の速いゲームをやる人
  • 映画や動画鑑賞をする人
ツヨシ

上記の通り、ゲームや映画をスマホやPCで楽しむ人には、Bluetoothの遅延を防ぐことができるゲームモードはあると嬉しい機能です。

ケースが艶ありで指紋が目立つ!

ここからが残念な点です。SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSのケースは、艶ありの素材で指紋や汚れが目立ちやすいのが残念です。

また、艶ありのプラスチックなので見た目も少々安っぽい感じました。

イヤホンのケースはいつも持ち歩くものなので、艶消しのプラスチック素材を採用してくれた方が汚れの問題やデザイン的にも良いと感じました。

ツヨシ

ただ、この点については完全に好みですけどね…

ワイヤレス充電やマルチポイント非対応!

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSは、ワイヤレス充電やマルチポイントに対応していません。

ワイヤレス充電とは?
ケーブルを挿すことなく、充電器に置くだけで充電ができる機能のことです。

マルチポイントとは?
複数デバイスと同時接続し、デバイスの切り替えをスムーズに行うための機能です。

個人的にはこの2つの機能は欲しい機能なんですが、7,000円と言う価格のイヤホンなので、これらの機能がついていないのも仕方ないかなぁと言うところです。

ツヨシ

ただ、これらの機能はとても便利な機能なので、ワイヤレス充電やマルチポイントが欲しい人は他のイヤホンを選択した方が良いでしょう。

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSがおすすめな人の特徴

以上のことからSOUNDPEATS Air3 Deluxe HSがおすすめな人の特徴は以下の通りです。

おすすめな人
おすすめしない人
  • コスパが良いワイヤレスイヤホンを探している人!
  • 価格と音質にもこだわりたい人!
  • オンライン会議用のイヤホンを探してる人
  • 低音に強いカナル型イヤホンを探してる人
  • イヤホンに1万円以上の予算をかけれる人
ツヨシ

イヤホンに1万円以上のお金をかけたくない人やコスパを最重視する人には非常にオススメしたいイヤホンです。

まとめ

今回はSOUNDPEATS Air3 Deluxe HSをレビューしました。

先ほどもお話しした通り、ケース素材が艶ありプラスチックのため、指紋が目立ちやすい。ワイヤレス充電やマルイチポイント等の便利な機能に対応していないと言うネックはあります。

しかし、約7,000円で購入することができるイヤホンで音質はマジでめちゃくちゃ良いです。正直、僕が持っているJabra Elite 7Pro(約2.4万円)やAirPods Pro(約3万円)などの高価格帯のイヤホンとほぼ同等の音質です。

さらにインナーイヤー型で長時間着用にも向いているため、オンライン会議を頻繁に行うテレワーカーにおすすめしたいイヤホンですね!

ぜひ、コスパが良いSOUNDPEATS Air3 Deluxe HSの購入を検討する方は参考にしてみてください。

【無料】今なら1ヶ月間0円で、
音楽サブスクが使えるの知ってる?

音楽サブスク使ってみたいけど、以下のように悩んでいませんか?

  • YouTubeで無料で聴けるのに音楽サブスクいるかな?
  • 音楽サブスク、契約してもすぐ聞かなくなるんじゃないかな?
  • 音楽サブスクの魅力がわからないな…

事実、僕もそう思っていました。

しかし、そんな人にこそ音楽サブスクを一度試してもらいたいですよね!

仕事中のBGM、ドライブ中、家族とのリラックスタイムに聞く高音質なBGMは格別!日々の生活がちょっぴり楽しくなります。

Amazon Music Unlimitedは1億曲聞き放題。高音質なハイレゾにも対応してるのが強み!Spotifyはハイレゾに対応いません。

今なら高音質配信かつ1億万曲聞き放題のAmazon Music Unlimitedは1ヶ月間無料(最大1,480円相当を0円)で楽しむことができます!

一度使ってみたい人は今がお得です!

1ヶ月間無料だし、使ってみないと音楽サブスクの魅力はいつまでもわからないままですよ!

\今なら1ヶ月間無料(最大1,480円→0円)/

30日以内に解約すれば料金がかかることはありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1986年生まれ 34歳 札幌在住のツヨシ(溝口剛)です。
8年間会社員として働くも会社員としての生き方が嫌になり、フリーランスブロガー兼YouTuber。スマホ・光回線・ガジェット・クレジットカードなど自分で使ってみて良かったモノを発信しています。

この記事の内容